読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gaijinwifegaijinlifeの日記

Texan in Tokyoの良介が外人Wife,外人Lifeのお話をするよ!みんなが笑顔になりますよ〜に♬ 

第3章 〜アメリカ留学〜 ⑤度肝を抜く

僕をバカにした「力持ちくん」にやり返すための

ある作戦を練った後、

女友達のエミリーにあるお願いをした僕。

 

実は、女の子っぽいピンクのT-シャツを貸して!ってお願いしたんだ。

めっちゃ爆笑されたけど、理由を説明したら喜んで手伝ってくれるとの事。

 

それからの2週間はジムがほとんど無人になる

ランチ直後に時間を作って通いつめた僕。

 

 ジムに行ってひたすら夢中で懸垂と腹筋をしまくったんだ。

ランチ直後だから何度か気持ち悪くなったけど、必死に続けた。

全てはやり返すためにね笑

 

ちょうど2週間経つ頃、前よりもちょっとTシャツがキツくなってる事に気づいた。

 

よし!後はあの「力持ちくん」 がジムに来る時間に合わせて作戦決行だ!

 

そしていよいよ、作戦決行の日。

同じ寮に住んでるエミリーにT-シャツを借りて、

「面白そうだからついていく!」って聞かないエミリーと一緒にジムへ。 

 

「やってやるぜ!」と気合入れたのはいいけど、

ジムのドアを通ると急に緊張してきた。

めったに恥ずかしいって思わない僕だけど、

この時はすっごい恥ずかしかった。

思い出しただけで、手汗かくもん笑

 

覚悟を決めた僕は、

「力持ちくん」が懸垂の場所に行くまで、

ストレッチをしながら待つ。

 

あっ!やっと懸垂するぞ!

彼が懸垂する姿を見ると猛ダッシュで

ピンクのT-シャツに着替えて彼の下へ~

 

力持ちくんは

懸垂を数回して満足気に後ろを振り向くと

奇妙な光景が彼の視界の入る。

そう、ピチピチのピンクのT-シャツを着た僕の姿ね。

すぐに何か言おうとした彼を遮り、僕は

「I'am a female NINJA~」って叫んでやった。

すかさず懸垂を初め、完璧な懸垂のフォームを見せつけた。

後ろも向けずに黙々と20回連続で懸垂をして

「20回!」と雄たけび。

普通にシカトされてどっか行ってたらどうしよう?と

ドキドキしながらも、やり遂げてから後ろを振り向くと

力持ちくんの他にも数人のマッチョが集まってた。

 

スッゲー怖い顔で近寄る力持ちくん。

遠くでエミリーが珍しく心配そうな顔してるのが見えた。

 

ここでビビっちゃダメだ!

負けるな!

「言っただろ?僕は女忍者だ!」

ってもうひと押し。

 

・・・ぷぷぷっ!

あ~はっは!

「ウソだろ!お前マジかよ!?」

って聞こえた。

すかさず

「日本からやってきた良介だ!Rioって呼んでくれ!」って言い放った僕。

 

完全に度肝を抜かれた様子のジェフは、

この前の無礼を謝ってくれて、彼の友達をたくさん紹介してくれたんだ。

 

一気にジムで知名度があがったよ。

 

でも、彼や他の多くのマッチョと友達になれて良かった半面、

ジムで「よっ!ニンジャ!」って声かけられるようになったのはちょっと・・・

 

まぁ仲良くなれたし良しとしよう笑

 

エミリーにもよかったわね~!って喜んでもらえて、

爆笑しながら、寮へ帰った僕たち。

すぐにT-シャツを洗濯して返し、自分の部屋へ。

 

・・・ふぅ~。

緊張したし恥ずかしかったなぁ笑

 

でも、確信した。

 

僕はアメリカでやっていけるってね笑

 

危機的状況に陥っても、まずは落ち着いて

自分が使える物は何か?って問いかけられる習慣が身についた。

 

そして何よりも

自分の頭を使えばどんな状況や困難も打破出来るって分かって、

すごい自信になった。

ちょっとバカに見えるかもしれないけどさ笑

 

 ♡外人Wife,外人Life♡