読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gaijinwifegaijinlifeの日記

Texan in Tokyoの良介が外人Wife,外人Lifeのお話をするよ!みんなが笑顔になりますよ〜に♬ 

4章 ~運命の出会い~ ➃サッカー

NY旅行後は何だか前よりもグレイスと親密になった気がし始めた僕。

たぶん僕がグレイスが好きだって気づいたからかもしれない。

 

そんなある日、大学内でサッカーのトーナメントがあると知った僕。

 

友達のショーンと参加を即決し、メンバー集めを開始した僕。

細かい事は苦手な僕だから、リーダーはショーンに任せて、

僕はメンバー集めに集中。

最初はもちろんグレイスを誘ってOKの返事をもらったんだ〜

すぐにチームを編成し、早速練習開始♬

ポジションも僕はゴールキーパー、グレイスはディフェンス。

トーナメント開始までの1週間は毎日練習漬け。

でも大好きなグレイスと一緒だから、

もう楽しくてたまらない!

 

そしていざ第1試合。

グレイスの素晴らしいディフェンスと僕のラッキーセーブで

結果は3−0で快勝

 

その後も順調に勝ち進めて、運命の4試合目

勝てば準決勝進出、負ければ終了。

 

スコアは0−0のまま、残り時間2分。

 

ここで負けるわけにはいかない!頑張れ〜!と声を張る僕。

その直後、味方のミスから相手にボールが渡り、

オフェンスと1対1になった僕。

 

相手は目前。

思いっきりシュートを打ってくる!

 

しかしガッチリとボールを掴む僕。

いや〜ラッキー笑

 

ホッとして、

よ〜し、反撃だ〜!と叫ぼうとした瞬間、異変に気づく。

 

シュートを外した彼が再びシュート態勢に入ってる。

 

 

・・・あれ?

コイツ何でまだ蹴ろうとしてるの?

 

・・・何を蹴ろうとしてるの?

 

・・・あっ!しまった!

次の瞬間、彼は僕の手の中にあるボールを僕の手ごと蹴ってきたんだ。

 

しかし、ラッキーボーイの僕はすかさず反動を最小限にするため身体を回転させた。

手が蹴られたからさすがに痛かったけど、

審判も含めて誰も何が起きたかは気付かなかった。

たった1人を除いては、ね。

 

そう、僕が惚れているグレイス。

 

 グレイスは相手が僕の手を蹴った所をたまたま見てて

彼にスゴイ勢いで詰め寄ったんだ。

 

最初はとぼけていた彼も、グレイスのものすごい剣幕に圧倒されて

僕の手を故意に蹴ったことを認めて誤ったんだ。

 

その後、僕が負傷退場をしてすぐに点を取られて負けちゃったけど

僕はすごく嬉しかった。

勝つ事よりもずっと大事な物を見つけられたからね。

 

グレイスが声を荒げなかったら、誰も気づかなかっただろうなぁ。

本当にグレイスのおかげ。

 

女の子に守ってもらったのは、生まれて始めての経験。

何だか知らないけどすごい安心したのを覚えてる。

 

その後、寮にグレイスと2人で歩いて帰った僕たち。

手は繋がなかったけど、2人の距離はぐ〜んと近づいた。

 

もっとグレイスと一緒にいたいなぁ、

よし!告白しようっと!

 

♡外人Wife,外人Life♡