読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gaijinwifegaijinlifeの日記

Texan in Tokyoの良介が外人Wife,外人Lifeのお話をするよ!みんなが笑顔になりますよ〜に♬ 

6章 ~婚約~ ④良かれと思ったのに・・・。

良ちゃん物語~マッチョな良ちゃんはこうして成長した~

感の良いグレイスを相手に、

サプライズを成功させるためには

12月の記念日がプロポーズのXデーだと

期待させないように誘導しなくちゃいけない。

 

そこで、いろいろ考えた結果1つの結論に至った良ちゃん。

 

「やっぱり男として、家族を養っていくためにも

仕事が見つかるまでは絶対にプロポーズ出来ない!

安易な約束はしたくないんだ!

内定をもらって就活が終わるのは早くても来年の4月以降だから、

今年中のプロポーズは絶対無理。

ちょっと待たせちゃうけど、ごめんね。

本当に僕たちの将来について真剣に考えた結果なんだ。」

 

 

よし!これなら、いくらグレイスでも

今年中のプロポーズはないって分かるだろう!

しかもウソをつくのが大嫌いで基本ウソはつかない僕だから、

まさかプロポーズ関連で僕がウソをつくなんて思わないだろうし。

 

 

「グレイスを全く期待させない」っていうサプライズのための

条件クリアだよね?やったぁ!

 

 

そしてグレイスの反応は・・・?

 

 

「・・・養ってもらわなくてもいいのに!

2人で支え合って行こうよ!

今婚約しなかったら、一体いつになるの?

このままずっと良ちゃんの、

アタシを養いたいっていうバカげた男のプライドのせいで

プロポーズをずるずる先延ばしにするの?

どうせ内定もらった次は、実際に働き始めるまで待って!

それでその次は結婚資金貯めるまで待って!

とか言って永遠に先延ばしするつもりなんでしょ!?

このいくじなし!!

アタシと結婚したくないの?どっちなの?

したくなくなったら、本気じゃないなら別れるわよ!!

 

・・・ウソ。

 

最後の「別れるわよ!」が頭の中で何度もエコーする。

 

何も言い返せない。

僕は、ただサプライズの計画の一環で・・・

 

涙目になっているグレイスを目の前にして

心の底から、動揺した僕。

 

くっ!・・・今、この場でグレイスにプロポーズしたい。

最愛の人をこんなにまで悲しませて、僕は何をしているんだろう?

と思いがめぐる。

 

 

・・・ダメだ。

 

ここは何と言おうと、

グレイスを心から喜ばせるプロポーズのために!

我慢だ。

耐えろ。

ごめんね、グレイス。

もう少しだから。

 

 

そんな事言ったって、僕にだって考えもあるし、

グレイスと一生暮らしていくための自信をつけたいんだよ!!

と反論した僕。

 

・・・わかった。

良ちゃんの事信じるわ。

ただし、来年の5月までに何らかの形でも婚約出来ないなら、

ツラいけど私から、別れるから。

 

アタシもただ待つだけじゃあツラすぎるから。

 

 

・・・どうしよう涙

 

良かれと思って計画しているサプライズによって

今までで1番グレイスを悲しませてしまった・・・。

 

♡外人Wife,外人Life♡