読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gaijinwifegaijinlifeの日記

Texan in Tokyoの良介が外人Wife,外人Lifeのお話をするよ!みんなが笑顔になりますよ〜に♬ 

6章 ~婚約~ ⑤当日その①

良かれと思って計画したサプライズの過程で

グレイスを今まで1番悲しませてしまった僕。

 

胸がはりさけそうだった経験をしたのはこの時が最初で最後。

 

・・・でもやるぞ!グレイスに最高の笑顔を届けるぞ!!

と高らかに机の上のグレイスと僕の写真に向かって宣言したんだ。

 

そしていよいよ運命の日がやってきた。

 

その日は僕たちの記念日。

前日に秋田から夜行バスに乗って、

当日の早朝に東京へ着いた僕。

バスの車内であまり寝れなくて疲れ気味。 

 

新宿駅で待ち合わせをしているグレイスとを探すこと10分。

 

・・・いた!

 

グレイスだ。

今夜、僕がプロポーズする女性だ。

 

ドクン!ドクン!

 

あんまり緊張とかしない僕なんだけど、

どういう理由か視界がグレイスを捉えた瞬間から、

僕の心臓はフル回転。

12月なのに汗はダラダラ。

 

でもポケットの中の指輪があるのを確かめたら、少し落ち着いた。

「そうだ!今日だ!落ち着け!」と自分に言い聞かせる。

 

ゆっくりグレイスに近づいて、

心のなかで「今夜プロポーズするからね♬」と呟きながら、

優しく抱きしめようとしたその時。

 

・・・え??

 

何でそんなに荷物パンパンでゴツいの?

 

「・・・あぁ〜良ちゃんおはよう!」

「あっ、これ?喉が乾くかなぁと思って」

 

カバンの中には2Lのペットボトルが3本に、なぜかビールが2缶。

しっかりおつまみの柿ピーまである。

 

ウソでしょ??

 

・・・ロマンチックどころじゃない。

 

グレイスの先制パンチをモロに食らってしまい、

一気に主導権を握られた気分・・・。

 

いや動揺しちゃダメだ。

 

しっかりしないと!

 

・・・プシュ!

 

え?何の音?

自分の手元を見ると、ビールが開いてる。

あっ、プレミアムモルツだ!グレイス奮発したなぁ〜。

 

 

いやいや!

良ちゃん何してんの??

さすがのグレイスも呆気に取られている。

 

「いや〜喉渇いてたからビール飲むよ!ありがとう!」

2Lのペットボトルとビールを見たら何故か突然動揺しちゃって

 朝7時の新宿駅でビールをイッキ飲みした僕。

 

そのまま、ちょっとほろ酔いでディズニーランドへ。

道中の電車の中で2人でビールを飲み干し、おつまみも完食した僕たち。

いざ、ほろ酔い気分でGO!!

 

先が思いやられるスタートを切った良ちゃんでした。

 

♡外人Wife,外人Life♡